ワールドトリガー最新刊16巻の発売日はいつ?15巻のネタバレや感想も!

   


ワールドトリガー
ワールドトリガーは週刊少年ジャンプで連載中の大人気作品ですね。

この作品の最新刊15巻がつい先日の2016/6/3(金)に発売されました。

今回はワールドトリガー15巻の収録話と感想をネタバレ有りでまとめて、気が早く16巻の発売日も予想してみました!

※ネタバレ注意







ワールドトリガー15巻のあらすじ

14巻ではアイドラ3体に化けていた人型ネイバーがボーダー基地内に
侵入するというところで終わっていました。

15巻は遠征艇を狙うネイバーとボーダーとの攻防から始まります。

ボーダー本部に侵入したネイバー3人(ガトリン・ウェン・ラタリコフ)は、
本部内に待機していたボーダーと戦うことに。

ボーダーの那須玲熊谷友子がネイバー・ウェンと、
攻撃手(アタッカー)ランク1-4位の太刀川・村上・小南・風間
ガトリン・ラタリコフと対戦します。

一方外では三輪秀次・米屋陽介コスケロを迎え撃ち、
三輪・米屋側が優勢に戦いを進めておりました。

その他、二宮隊加古隊が本部外でアイドラと交戦しており、
主戦場は4つとなりました。


内部の那須・熊谷vsウェン

ウェンが熊谷に化けて那須をかく乱し、那須は左腕を切断されます。

更にウェンが分身トリガーを使い、那須・熊谷は苦戦しますが、菊池が駆けつけて
分身を見破り、ウェンの撃破に成功します。


三輪・米屋vsコスケロ

コスケロの出すどろどろのトリガーに捕まると武器を持つことができなくなったり
確りと立つことができなくなったりと、三輪・米屋は手こずりますが、巧みに屋上に誘導した後、
会話を持ちかけて時間を稼ぎ、迅に遠隔斬撃で攻撃させ、コスケロを戦闘不能に追い込みました。





基地外の銃撃戦

基地の外でも激戦で戦局は拮抗しています。

ヨミの指示でエースアイドラが動きだします。

木虎・黒江がエースアイドラ1体をしとめますが、「韋駄天」に対応したヨミの操作により、黒江が大ダメージを受けます。

しかし木虎が冷静に黒江をフォローし、黒江は落ち着きを取り戻しました。

場面は二宮隊と加古隊が繰り広げていた銃撃戦に移ります。

戦場に参戦した烏丸とレイジがフルパワーでアイドラを蹴散らします。

突然の戦局変化にレギンデッツは慌てて市街地戦をしかけ、ボーダー側の
戦力を分散させようとの考えますが、あっさり見破られスルーされます。

太刀川・村上・小南・風間 VS ガトリン・ラタリコフ

遠征艇前でのネイバー2人vsボーダー精鋭4人の方は膠着しています。

激しい攻防が繰り広げられ、風間・村上がついにラタリコフを倒します。

太刀川は大砲で遠征艇を破壊しようとするガトリンを止めに入りますが、ガトリンは太刀川ごと
遠征艇を破壊しようと試みます。

ガトリンの目論見通りになったと思われましたが、その時、小南が太刀川ごとガトリンを真っ二つに切り裂きました。
まさかこの様な形で迅の予知が現実となるとは…。






ワールドトリガー最新刊 16巻の発売日はいつ?

15巻が発売されたばかりなので、まだ公式には発売日は公表されていません

これまでのワールドトリガーの発売日は以下の通りです。

◯ワールドトリガーの発売日一覧

8巻→「大規模侵攻(3)」 2014年10月3日発売
9巻→「大規模侵攻(4)」 2015年1月5日発売
10巻→「三雲 修(3)」 2015年3月4日発売
11巻→「玉狛第2」2015年6月4日発売
12巻→「玉狛第2(2)」2015年9月4日発売
13巻→「三雲 修(4)」2015年12月4日発売
14巻→「迅 悠一(3)」2016年3月4日発売
15巻→「ガロプラ」2016年6月3日発売

16巻→?

これを見るとだいたい3ヶ月に一回のペースで発売されていることになります。

そうなると16巻は2016年09月02日頃の発売となりそうです。

但し、先日マスコミ関係者の証言から発覚した通り、作者の葦原大介先生の急病により
『ワールドトリガー』が休載
されました。

休載したのは2016年6月13日に発売予定の週刊少年ジャンプ(28号)。

復帰は週刊少年ジャンプ(29号)を予定しているとのことですが、
もしかしたら発売日が少し後ろ倒しとなるかもしれませんね。

 - マンガ