iPhone6s/Plusが腐食!?原因や影響は?解決策はある?

   


ogアップル社が発売している大人気スマートフォンである
iphoneの最新機種、「iPhone6s/Plus」をめぐり、今新たな
問題が発生しているようです。

その問題とは「iPhone6s/Plusが腐食する」ということ。

携帯が腐食するというのは聞いたことがありませんねー。

よく分からなかったため、iPhone6s/Plusが腐食する原因
その影響や解決策について調べてみました。




iPhone6s/Plusが腐食するとは

アイフォンの腐食というのは、携帯本体の外部が錆び、
形が崩れていく
ことです。

その外見が普通の傷と見分けるのが難しい為、気づかない人が
圧倒的に多いとか。

これがアイフォンが腐食した時の画像です。

腐食1

husyoku2

husyoku3

ぱっと見た感じでは普通の傷にしか見えませんね~。

尚、すべてのiPhone6s/6s Plusが腐食するわけではなく
どうやら一部のアイフォンで上記の様な現象が報告されているようです。




iPhone6s/Plusが腐食する原因とは

アイフォン6s/Plusが腐食する理由は、筐体に用いられている
アルミニウム合金
のようです。

1世代前のiPhone6/Plus発売時に問題となりました、負荷が掛かると
本体が曲がってしまう問題を解決するため、iPhone6s/Plusには
強度が6/6 Plusの2倍以上である7,000番台のアルミニウムが筐体に使用されています。

7,000番台のアルミニウムは、航空関係にも使われるほどの強度を誇る合金ですが、
iphone6の時に使用していた6,000番台のアルミニウムよりも亜鉛の含有率が高く、
同じような合金の中では最も酸化しやすい
という欠点を持ち合わせています。

そのため、湿度の高いところで用いると腐食する速度が速まってしまうとのことです。

現在こういった現象が報告されているのは中国が多いようですが、日本も梅雨~夏に
掛けて湿度が一気に上昇しますので、iPhone6s/Plusを使用しているユーザーは
心配かと思います。

アップルもこういった特徴は把握しており、iPhone6s/6s Plusの表面は酸化を防ぐための
レイヤーで覆われています。しかし、実際に多くのユーザーから報告されている現状を
見ると、必ずしもすべてのiPhoneに効果が出ているわけでは無いようです。




iPhone6s/Plusが腐食した場合の影響は?

iPhone6s/6s Plusが腐食した場合、どういった影響が考えられるのでしょうか。

ネットで調べてみたところ、腐食は筐体外部で起こることが多く、操作や機能等には
現時点で特に影響はない
ようです。

腐食により壊れるといったことは今のところ無いようで、それは一安心ですね。

ただ、いくら機能に影響がないといっても、iphoneを使用しているユーザーの中には、
iphoneのスタイリッシュな外見を好んで選んでいる人も多くいますので、外見が
錆びるのは嬉しくはない現象かと思います。




iPhone6s/Plusが腐食した場合の解決策は?

さて、気になるiPhone6s/6s Plusが腐食した場合の対応/解決策ですが、
なんと、現時点でこの問題を解決する方法はないとのことです。

これはアップルも正式に上記の様な見解を発表しております。

原因が本体に使用している素材に起因している為、どうしようもないんですねー。

但し、人によっては腐食が進行していないケースも多いので、防止策としては
とにかく高温多湿の空間での使用を避けることが一番
かと思います。

いくらラインの返信が気になるから、といって間違ってもお風呂で使用するなんて
ことは無いようにしましょう!




 - IT