キリンカップ2016決勝 ボスニア・ヘルツェゴビナの注目選手は?詳細情報をチェック!

   


kirin cup
6月3日(土)に豊田スタジアムで行われたブルガリア戦で、
日本は7-2で大勝しましたね!


個人的には7点という大量得点を出来たことよりも、
FIFAランキングで格下となるブルガリアに、後半で2点
決められたことが気になります…


次の対戦相手であるボスニア・ヘルツェゴビナは
ランキングで言えばずっと上
ですし、日本代表の監督
ヴァヒド・ハリルホジッチの出身国でもあります!


ということで、本日はキリンカップ決勝の対戦相手である
ボスニア・ヘルツェゴビナについてまとめてみました!






ボスニア・ヘルツェゴビナ代表のチーム情報

概要

連盟        ボスニア・ヘルツェゴビナサッカー連盟
サッカー連盟創立  1992年
FIFA加盟年     1996年
FIFAランキング   20位(2016年6月2日時点)
           ※日本は53位(2016年6月2日時点)
公式サイト     http://www.nfsbih.ba/bih/index.php
ユニフォーム色   白
パンツ色      青
ソックス      白
リーグ名      Premier League of Bosnia and Herzegovina
有名選手      イビチャ・オシム(1941/05/06-)
W杯成績      ワールドカップ出場回数:1回
          第20回 2014年 ブラジル大会<ベスト32>


来日メンバー

GK  ケナン・ピリッチ      スロボダ
GK  イブラヒム・シェヒッチ   カラバグ/アゼルバイジャン
DF  エディン・コカリッチ     メヘレン/ベルギー
DF  アレクサンダル・コソリッチ ジェリェズニチャル
DF  セアド・コラシナツ     FCシャルケ04/ドイツ
DF  オグニェン・ブラニェシュ  スポルティング・ヒホン/スペイン
DF  トニ・シュニッチ      VfBシュツットガルト/ドイツ
DF  マテオ・スシッチ      FCシェリッフ・ティラスポリ/モルドバ
DF  アルミル・ベキッチ     サラエボ
MF  ミロスラフ・ステバノビッチ ジェリェズニチャル
MF  スルジャン・グラホバツ   ラピッド・ウィーン/オーストリア
MF  ハリス・メドゥニャニン   ハポエル・テルアビブ/イスラエル
MF  マリオ・ブランチッチ     ダルムシュタット/ドイツ
MF  フィリップ・アレジナ     HSKズリニスキ
MF  イゼト・ハイロビッチ     エイバル/スペイン
MF  アネル・ハジッチ      エスキセヒルスポル/トルコ
MF  ハリス・ドゥリェビッチ   サラエボ
MF  ズボニミル・コジュリ     シロキ・ブリーエグ
FW  アルミン・ホジッチ     ディナモ・ザグレブ/クロアチア
FW  ラデ・クルニッチ      FCエンポリ/イタリア
FW  ミラン・ジュリッチ     ACチェゼーナ/イタリア


今回はボスニア・ヘルツェゴビナ代表の最多得点記録保持者であり、
ブンデスリーガで得点王にも輝いたことのある
FWエディン・ジェコ(イタリア・セリエA・ASローマ所属)や、
MFミラレム・ピャニッチ(イタリア・セリエA・ASローマ所属)、
ボスニア・ヘルツェゴビナ年間最優秀選手受賞経験のある同国守護神の
GKアスミール・ベゴビッチ(プレミアリーグ・チェルシーFC所属)ら主力は
来日を見送っている
ようですねー。


2ch等のネット上では「Bチーム」「1.8軍」「観光気分チーム」と
揶揄されていますが、それでも準決勝でスター級を集めてきたデンマークに
勝利
しており、層の厚さを伺えます。


今後の代表チームに入るか否か、当落線上の選手ばかりが
出場しているので、アピールのためにやる気が段違いなのかもしれません。


ボスニア・ヘルツェゴビナ代表との対戦成績

2戦/1勝1分
2006年2月28日 △2-2 国際親善試合(ドルトムント開催)
2008年1月30日 ○3-0 キリンチャレンジカップ(東京開催)


日本は過去2回、ボスニア・ヘルツェゴビナと国際試合で対戦したことがありますが、
まだ負け知らずなんですねー。


ただ、当時のボスニア・ヘルツェゴビナのFIFAランキングは
59位、61位と今よりずっと下でした。


最新のFIFAランキングでは20位につけてますし、なんといっても
2014年のブラジルワールドカップでは、日本と同じくグループリーグで
敗退しているとはいえ、日本の29位よりも高順位の20位
となっています!

ボスニア・ヘルツェゴビナはここ最近で強くなっていますし、過去2回負けたことが無く
今回は主力メンバーがいないからと言って油断はできません!






ボスニア・ヘルツェゴビナの注目選手は?

今回のボスニア・ヘルツェゴビナ代表は主力7人が不在のため
これまであまりマークされていなかった選手に注目が集まって
います。

そこで、各情報を基に注目選手を2人、以下の通りまとめてみました!




注目選手① FWミラン・ジュリッチ選手
Milan Đurić

生年月日:1990年5月22日(26歳)
身長・体重:199cm・93kg
所属:ACチェゼーナ/イタリア2部
今シーズンのリーグ戦成績:25試合7ゴール


何と言ってもフィジカルが素晴らしいです。
2m近くから繰り出されるヘディングやポストプレーは大変驚異でしょう。


これは2015年のWalesとの試合ですが、長身を生かしたヘッドを警戒して
マークが多くついている中でも、得点につなげています。




注目選手② MFアルミン・ホジッチ選手
アルミン・ホジッチ

生年月日:1994年11月17日(21歳)
身長・体重:181cm・74kg
所属:ディナモ・ザグレブ/クロアチア


かつてリバプールにも所属していた若手ホープ
現在はクロアチアの強豪クラブチームに所属し、
今シーズンはリーグ戦で最多の13ゴールをあげ、
チームを優勝に導きました。

UEFAチャンピオンズリーグにも出場しています。


少々古いですが、2013-2014のゴールシーンを集めた
動画を見てみると、センスに光るものを感じますね。







まとめ

以上、今回はキリンカップ出場のボスニア・ヘルツェゴビナ来日メンバーについて
まとめてみました。

いくら主力がいないからと言って、油断はできそうにありません。

6月7日の試合が楽しみです!




 - スポーツ