バレーボールフランス代表は強い?決定率1位や得点王は?イケメン選手も!

   


bare-bo-ru


バレーボール日本代表と今大会最後に戦う
フランス代表。


一時期低迷していたものの、フランスは欧州の中でも
トップクラスの強さを誇る強豪です。


今回はフランス代表の得点王もといベストスコアラーや
No.1ブロッカー、そしてイケメン選手についてご紹介します!





フランス代表は強い?過去の成績は?

ヨーロッパの古豪として知られるフランス。


2002年の世界選手権では、現ポーランド監督のステファン・アンティガ率いる
フランス代表が銅メダルを獲得するなど、トップクラスの実力を誇っていました


ですがその後は世代交代の時期にさしかかり、一時的に低迷。
2008年の北京オリンピック、2012年のロンドンオリンピックと
2大会連続で五輪出場を逃します



しかし近年、低迷していたフランス代表が復活の兆しを見せており、
2014年の世界選手権ではロシアを上回る4位という成績を残します!


更に2015年には、ワールドリーグで初優勝を飾るなど、今最も
勢いのあるチームの1つと言えるでしょう!

フランス代表の過去の成績


【オリンピックの成績】
1988年 - 8位
1992年 - 11位
1996年 - 不出場
2000年 - 予選敗退
2004年 - 9位
2008年 - 不出場
2012年 - 最終予選敗退
2016年 - 出場権獲得



【世界選手権の成績】
1986年 - 6位
1990年 - 8位
1994年 - 不出場
1998年 - 欧州予選敗退
2002年 - 3位銅メダル
2006年 - 6位
2010年 - 11位
2014年 - 4位



【欧州選手権の成績】
1987年 - 2位準優勝
1989年 - 5位
1991年 - 9位
1993年 - 9位
1995年 - 不出場
1997年 - 4位
1999年 - 6位
2001年 - 7位
2003年 - 2位準優勝
2005年 - 7位
2007年 - 9位
2009年 - 2位準優勝
2011年 - 7位
2013年 - 5位
2015年 - 1位優勝






現フランス代表の中心選手は?

2016年五輪予選の今大会、フランス代表の中心となっている選手は
何と行っても世界選手権でベストスコアラー部門2位に輝いたアントナン・ルジエでしょう。


他にもワールドリーグでMVPを獲得し、その自由自在なプレースタイルが魅力のイアルバン・ヌガペト
身長209cm、最高到達点365cmと世界トップクラスの高さを誇るケバン・ルルーなど、強力な選手が
代表チームに入っています。


それぞれの選手について個別に見ていきましょう。

アントナン・ルジエ選手

Antonin Rouzier

生年月日:1986年8月18日(29歳)
身長:200cm
体重:102kg
スパイク最高到達点:350cm
ブロック最高到達点:330cm
ポジション:ウィングスパイカー(WS)
過去の実績:2009 CEV欧州選手権 - ベストスコアラー
      2011 フランスリーグ(リーグA)- ベストスパイカー
      2013 欧州チャンピオンズリーグ - ベストスパイカー
      2015 CEV欧州選手権 - MVP



ベストスコアワーとは、分かりやすい言い方をすると得点王のことです。
今大会でもすでに総合得点で113点の3位、スパイクだけで見ると
104点で、カナダのジョン・ペリンに次いで2位に位置付けるほどの
得点をあげています!


そしてアントナン・ルジエ選手の最も恐ろしいところは何と言っても
スパイク決定率!


最終戦を前に今大会1位の決定率を誇り、成功率はなんと59.77%!
ほぼ3回に2回はスパイクを決めています!


更にアントナン・ルジエ選手は大変容姿も整っており、
イケメン選手としても有名です。
Antonin Rouzier2


神様はこの方にどれ程の恩恵を与えれば気が済むのでしょうか。。。(笑)

アントナン・ルジエ選手の活躍をまとめた動画はこちら







イアルバン・ヌガペト選手

イアルバン・ヌガペト

生年月日:1991年2月12日(25歳)
身長:194cm
体重:101kg
スパイク最高到達点:358cm
プロック最高到達点:327cm
ポジション:ウィングスパイカー(WS)
過去の実績:2009 CEV欧州選手権(U-19) - ベストサーバー
      2009 CEV欧州選手権(U-19) - MVP
      2011 フランス選手権 - MVP
      2015 ワールドリーグ - ベストアウトサイドスパイカー
      2015 ワールドリーグ - MVP
      2015 CEV欧州選手権 - ベストアウトサイドスパイカー

      

若いうちからMVPに選ばれる等、才能をいかんなく発揮し、
2015年にはワールドリーグで優勝を経験しています。


スパイク以外にもレシーブを得意としており、今大会のレシーブ成功率は
現時点で全選手の中で4位
にの49.07%となっています。


また、2104年12月、その数か月前に起こしたナイトクラブでのケンカが原因で
3か月の試合出場停止処分を受けるなど、少し好戦的な性格を持ち合わせているようです。


そんなイアルバン・ヌガペトの凄いスパイクをまとめた動画がこちらです。




ケバン・ルルー選手

Kevin Le Roux

生年月日:1989年5月11日(27歳)
身長:209cm
体重:98kg
スパイク最高到達点:365cm
ブロック最高到達点:345cm
ポジション:ミドルブロッカー(MB)



まず身長209cmという圧倒的な高さに驚きです!


ジャンプすると最高到達点はなんと365cm
日本人選手の平均は約340〜350cmですので、
ケバン・ルルー選手のジャンプは日本平均を10〜20cmも上回っていることになります…。、


頭一つ分上から放つスパイクはブロックのしようがないですよね…。


そんな驚異的な身長を誇るケバン・ルルー選手のプレーはこちらから見られます。







まとめ

いやー、、、フランス代表はタレント揃いで驚きますね!
日本は五輪出場を逃してしまったため、最終戦であるフランス戦では
少しでも多くの学びを得て、次回のオリンピックへとつなげてほしいものです!

 - スポーツ